中井 章徳(指揮)

2=A3=E3=83=BC=E3=83=AB=E5=86=99=E7=9C=9F?= 2013.8

中井 章徳 (なかい あきとく)

岡山県倉敷市出身。くらしき作陽大学音楽学部指揮専攻を首席で卒業。同大学大学院音楽研究科修了。桐朋オーケストラ・アカデミー、イタリア・キジアーナ音楽院で指揮を学ぶ。指揮を志賀保隆、大山平一郎、故岩城宏之、リヒャルト・シューマッヒャー、ダニエレ・アジマン、ジャンルイジ・ジェルメッティ、ピアノを日高七恵、重川逸呼、チェンバロをダミアノ・チェルッティ、ビオラを川上昇、大島路子、声楽を森野啓司、黒岩典枝、蓮井求道、音楽学を丸山桂介、森泰彦の各氏に師事。

1998年、ポーランドで開催された第21回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクールで指揮部門最高位の名誉ディプロマ賞を受賞し、併せて全部門の中から最優秀者に贈られるマスタープレイヤーズ大賞を同時受賞。このほか倉敷市芸術文化栄誉章(2000年)、第10回エネルギア音楽賞(2004年)、出雲市市民文化賞(2006年)、出雲市文化功労賞(2015年)を受賞している。

これまでに札幌交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、大阪市音楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団などで客演指揮を務める他、全国各地の市民オーケストラや、大学オーケストラ、ジュニアオーケストラ、吹奏楽団、オペラ団体との共演や学校教育現場での指揮・指導、講習会や講演会での講師を務めるなど、多岐にわたる活動に精力的に取り組んでいる。

現在、出雲芸術アカデミー芸術監督、出雲フィルハーモニー交響楽団常任指揮者、出雲の春音楽祭音楽監督、北九州シティオペラ指揮者。2017年4月から京都市立芸術大学大学院博士課程(後期)作曲・指揮領域において、さらなる研究に取り組んでいる。

 

出演に関するお問合せは order@konta.co.jp までお願い致します。